ここから本文です。

及川 卓也のプロフィール

及川 卓也の顔写真
プロフィール詳細
氏名 及川 卓也 (おいかわ たくや)
団体名 株式会社マガジンハウス
部署 クロスメディア事業局コロカル事業部
役職名 部長/編集長

自己PR、団体・地域等へのメッセージ

アンアン編集長を経て、2012年ウェブマガジン「コロカル」を立ち上げ。クリエイティブスタジオとして、地方自治体のブランドづくり、プロモーション戦略支援、オウンドメディア制作、人材育成等を行っている。2018年度から新潟県首都圏向けポータルサイト「新潟のつかいかた」、AIRDO機内誌「rapora」の制作運用を開始。「世界遺産平泉・一関DMO」理事。
2018年10月より地域振興支援のコンテンツマーケティングソリューション「Local Marketing Studio」の提供を開始。

専門分野

観光まちづくりに関する主な実績

観光まちづくりに関する主な実績
事業名 依頼者
平成30年度 ウェブサイト、SNS及び各種メディアを活用した首都圏等情報発信に係る業務委託
新潟県
平成30年度 島しょ地域「宝物」ブランド戦略支援に向けた専門家派遣に関する企画運営業務委託 東京都
平成30年度 もち食による一関ブランド構築支援及び「食と農の景勝地」取組事業支援業務 ー関市
平成29年度 札幌国際芸術祭来場促進用書籍制作及び出版業務 札幌市
平成28年度 真鶴半島美術館・創作の場形成業務委託事業 真鶴町
平成30年度 地域連携DMOによる「秩父温泉郷」ブランディング推進事業 観光庁
平成30年度 長野市魅力発見・発信事業業務委託 長野市
平成27年度 神戸観光プロモーション業務 神戸市

これまでにアドバイザー等で深く関わった地域、現在、活動されている地域と、その概要

これまでにアドバイザー等で深く関わった地域、現在、活動されている地域と、その概要
市町村名 取り組みの概要
岩手県ー関市 当地の「もち食文化」をフックに観光誘客拡大のためのアドバイザリーとプロモーションをH28年度から支援。農水省SAVOR JAPAN認定、WSを通じて若手経営者による社団を結成、この団体が平成30年度「世界遺産平泉・ー関DMO」に改変。理事を務めながら、支援を継続中。
新潟県(広報広聴課) 新潟県の観光他各種事業を首都圏向けに発信するポータルサイト「新潟のつかいかた」の企画、制作、運用。サイト記事制作のみならず、TV、ラジオ、雑誌タイアップや、SNS拡散、首都圏イベント、新潟県モニターツアー、プレゼント企画等立体的プロモーションを実施。
東京都八丈町、新島村 観光部振興課管轄の「島しょ地域「宝物」ブランド戦略支援」にアドバイザリーとして参加。リサーチ、島内事業者ミーティング、ワークショップを経て、ブランド戦略策定とプロモーションを実施。

学歴・職歴等

職歴 1988年 (株)マガジンハウス入社 
2007年~2009 年 anan 編集長 
2009年~2011年 カスタム事業部部長代理
2011 年~2015年 デジタル事業部部長
2015 年~ コロカル事業部部長
著書・論文・講演等 書籍プロデュース「 REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」、「colocal books 東北のテマヒマ」、「札幌国際芸術祭2017公式ガイドブック 札幌ヘアートの旅」(全てマガジンハウス刊)

所属団体に関する情報

住所 〒104‐8003
東京都中央区銀座 3‐13‐10