ここから本文です。

澤 功のプロフィール

澤 功の顔写真
プロフィール詳細
氏名 澤 功 (さわ いさお)
団体名 旅館 澤の屋
役職名 館主
プロフィール詳細
派遣地域 23区 北多摩・南多摩 西多摩
対象地 街・繁華街
専門領域 魅力づくり・商品化 インバウンド その他
地域との関わり方 専門特化型
アドバイスの仕方 協働型

自己PR、団体・地域等へのメッセージ

東京下町の谷中で、客室数12室の日本旅館「澤の屋」を営んでいます。

1970年代後半、日本人旅行者が旅館に求めるニーズの変化に伴い、澤の屋は厳しい経営状況にありました。思い切って、外国人旅行者を受け入れ始めたのが1982年、試行錯誤を重ねながら現在に至っています。

今では、宿泊客の約9割が外国人旅行者で、これまでに92ヵ国、延べ19万人を超える方々にご利用いただいております。

私は旅館の経営にあたり、『まちがあって、人がいて、宿がある』という考え方を大切にしています。外国人旅行者の多くは宿ではなく、『旅』を目的としています。外国人旅行者は滞在日数も長いため、宿は街と関わっていかないと、お客様を受け入れられないのです。

私は、少しでも外国人旅行者の受入促進のお役に立てばと思い、自身の経験をもとに、全国各地で講演をさせていただいております。

外国人旅行者の受け入れになかなか踏み出せない方は、いつでも澤の屋を見に来てください。私どもの施設・設備を見て私の英語を聞けば、外国人旅行者を受け入れる自信がつきますよ。

専門分野

観光まちづくりに関する主な実績

観光まちづくりに関する主な実績
事業名 依頼者
FITの動向と志向に関する研究 公益財団法人日本交通公社
東洋大学 視察受け入れ(2018年) 東洋大学
跡見学園女子大学 視察受け入れ(2018年) 跡見学園女子大学
明治大学 視察受け入れ(2018年) 明治大学
亜細亜大学 視察受け入れ(2018年) 亜細亜大学
小田急電鉄 視察受け入れ(2018年) 小田急電鉄
東京都庁福祉保健局 視察受け入れ(2018年) 東京都庁福祉保健局
千葉商科大学 視察受け入れ(2017年) 千葉商科大学
中央大学 視察受け入れ(2017年) 中央大学
川村学園女子大学 視察受け入れ(2017年) 川村学園女子大学

学歴・職歴等

学歴 1960年 中央大学法学部卒業
職歴 1960年 東京相互銀行入行
1965年 銀行退職、旅館澤の屋に従事
1971年 旅館澤の屋の経営者に就任
1993年 ジャパニーズ・イン・グループ会長(~1998年)
1997年 社団法人日本観光旅館連盟常務理事
1998年 社団法人日本観光旅館連盟東京支部支部長(~2007年)
2003年 観光庁「観光カリスマ(下町の外国人もてなしカリスマ)」に認定
2004年 社団法人日本観光旅館連盟副会長(~2009年) 
2007年 内閣府「地域活性化伝道師」(~2013年) 
2009年 観光庁「YOKOSO!JAPAN大使(現VISIT JAPAN大使)」
2016年 公益財団法人日本交通公社「専門委員」(~2018年)
著書・論文・講演等 【著書】
「澤の屋は外国人宿」(TOTO出版)
「ようこそ旅館奮闘記」(日観連事業)
「澤の屋は外国人宿」の英訳版(Welcome to Sawanoya , Welcome to Japan)((株)オメガ・コミュニケーションズ)
【講演】
インバウンド対応人材研修(2018年、北海道観光振興機構)
インバウンドマーケットEXPO2018 特別インバウンドセミナー(2018年、日本インバウンド連合会)
十和田八幡平インバウンドセミナー(鹿角市・盛岡市・青森市)(2017年、JTB)
観光人材育成研修会(2017年、公益財団法人東京観光財団)
第6回JATAインバウンド商談会(2017年、日本旅行業協会)
青梅商工会議所研修会(2017年、青梅商工会議所)
文京区千駄木小学校5年生勉強会(2017年、千駄木小学校)

所属団体に関する情報

住所 〒110‐0001
東京都台東区谷中2‐3‐11