ここから本文です。

梅川 智也のプロフィール

梅川 智也の顔写真
プロフィール詳細
氏名 梅川 智也 (うめかわ ともや)
団体名 國學院大學
部署 研究開発推進機構
役職名 教授
プロフィール詳細
派遣地域 23区 北多摩・南多摩 西多摩
対象地 街・繁華街 中山間地域
専門領域 計画策定 組織・人材・財源
地域との関わり方 専門特化型 総合型
アドバイスの仕方 メッセージ型 協働型

自己PR、団体・地域等へのメッセージ

全国の観光地の活性化や観光計画の策定、観光地経営、観光まちづくりなどに40年近く取り組んできました。現在、国土交通省、観光庁、文化庁など各種委員や筑波大学大学院客員教授、日本観光研究学会副会長などを務めています。

課題解決型から個性創造型のビジョンづくり、プランづくりを心掛けています。観光振興は多様な主体によって進められます。そのコンセンサスをどう創り上げて合意形成していくか、それには説得の科学=「計画」が必要です。常に新しい形の「計画」の姿を追求したいと思っています。計画(プラン)は、地域にとって“ゴールではなく、スタート”です。計画をどうマネジメントし、どう実現させていくか・・・その能力がこれからますます問われていくと考えています。

専門分野

観光まちづくりに関する主な実績

観光まちづくりに関する主な実績
事業名 依頼者
阿寒湖温泉における観光まちづくり並びにグランドデザイン懇談会委員 NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構
鳥羽市における観光振興計画の策定並びにアクションプランの推進 三重県鳥羽市
松江観光の明日を創る検討会議座長 島根県松江市
犬山市観光戦略会議委員 愛知県犬山市
長門湯本温泉みらい振興評価委員会委員長 山口県長門市
「住んでよし・訪れて良しの観光まちづくり構想」選定委員 長崎県

これまでにアドバイザー等で深く関わった地域、現在、活動されている地域と、その概要

これまでにアドバイザー等で深く関わった地域、現在、活動されている地域と、その概要
市町村名 取り組みの概要
三重県 三重県「三重テラス」の運営や熊野倶楽部の経営に関するアドバイス
富士河口湖町 富士河口湖町観光立町推進条例に基づく計画策定や観光推進組織に関するアドバイス
由布市、由布院観光協会 由布院温泉における観光基本計画の策定並びに観光まちづくりアドバイス

学歴・職歴等

学歴 筑波大学第三学群社会工学類
職歴 1981年財団法人日本交通公社調査部入社。2013年より理事・観光政策研究部長を務め、2018年6月退任。
立教大学観光学部特任教授を経て、2020年4月より國學院大學研究開発推進機構教授。
著書・論文・講演等 『観光計画論Ⅰ』(原書房)、『観光地経営の視点と実践』(丸善出版)、『観光まちづくり』(学芸出版社)など
資格等 技術士(建設部門/都市及び地方計画)

所属団体に関する情報

住所 〒225‐0003
神奈川県横浜市青葉区新石川3-22-1